スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

役確定の仕掛け

役を確定させる仕掛けについて。


今日の2戦目。南二局トップ目。

画像


トップ目で2着目の親番。ここを流せればかなり楽になる局面。
ただ、親に直撃されるのだけは避けたいところ。
打点は要らないので点数的には3900で十分。

ということを踏まえて仕掛けの基準を考えると、
まず優先すべきは【タンヤオの確定

ソーズのリャンメン形から仕掛ければ、タンヤオ確定→仕掛ける
四筒七筒を先に仕掛けたら、二萬ツモでタンヤオ不確定→仕掛けない

まあ、もっと切羽詰まった局面(オーラス微差トップ目、アガリトップ等)なら四筒七筒から仕掛けるのもアリかなとは思いますが・・・

最終形は↓
画像


テンパイすらできず・・・^^;
ひどいね。
スポンサーサイト

テーマ : 麻雀
ジャンル : ギャンブル

アガリトップの仕掛け

今回はオーラスの攻め方(仕掛け方)について

まずはとれたての↓の譜から。
2着目とは約10000点差のトップ目でなかなかの好配牌。他家同士も結構競ってる展開。
アガリトップの状況で1打目、トイメンから西が出ました。さて、どうするか?

画像


今の戦術書にはこういう場合のセオリーて書かれてるんだろうか?
よくわからないけど、
【これは鳴くべき】と考えます。
当然、一筒からでも仕掛けるつもりでした。

オーラスという状況下では3、4着目はもちろん、2着目もトップを取るべくガンガン攻めてくるパターンが多い。
つまり、持ち持ちでない限り、役牌もバンバン出てくる可能性が高いということ。

どうせ急所の中は相手に絞られる心配がないんだから、オタ風からでも仕掛けてok。
最終的に二筒五筒をチーしてのバックでもok。
相手も不要な中絞ってれば上がれないんだから、いずれは切っていかなければならない。

運良く中はかなり浅く、わずか2巡目くらいで勝負あり。
画像


もうちょい手が遠かったり、オーラス以外という状況では対応は変わってくるかも知れないけど、積極的にアガリに向かっていくのが良さそうですね。

テーマ : 麻雀
ジャンル : ギャンブル

リャンメンからの仕掛け

基本的に仕掛けは急所を処理するのが一番大事だという内容のことを書いてきたけど、更なるスピードアップを目指すなら+αが必要かなともなのかなぁとも思うようになってきました。

特に東風戦ではシャンテンとテンパイの違いが顕著に表れます。

シャンテンでリャンメンとカンチャンが残っていたとします。
下に例を。

二萬三萬四萬六萬六萬四筒六筒五索六索六索七索八索東

基本的にこういう手は序盤ならカンチャンが埋まってのメンタンピンまで見るわけですが、中盤以降なら(もちろん序盤でもいいんですが)カン五筒は当然仕掛ける。

ただ、四索七索が出ても場合によっては仕掛けてもokかなと。

例えばオーラスアガリトップ。
または東風戦で先手を取りたい場合etc・・・

また、手役を確定させるためのチーもあります。↓
画像


四萬でイッツー確定。ここだけは鳴くと決めてました。ここは7700点で十分。
シャンテンで立ち往生するよりは六筒九筒が出たら7700を上がれる状況を作ることが大事かと。

しかし、結局ダメ^^;
ツカねぇ・・・w

画像


こういう仕掛けをするときに気をつけたいのが

【結果論で語らないこと】

よく鳴いてなければ跳満まであったよーとか、勢いを点棒に変えてしまったとか、そういう結果論で語ってしまうと判断が揺れてしまいますからねー。。
難しいけど^^;

テーマ : 麻雀
ジャンル : ギャンブル

リャンメンからの仕掛け

リャンメンからの仕掛けについて

実戦譜になります。

東パツ南家。
2巡目で以下の形。
画像


リャンメンターツばかりで非常にいい形ですね。
面前でも十分いけるかなという感触。

ただ、この感触というのがやっかいもの。劇画ではよく感性がどうとか、ツモが生きているから自分の状態を測るためにも面前は崩したらいかんとか言われることがありますが、果たしてこのパターンではどうでしょう?

単純に面前で進める場合の損得について考えてみると・・・

面前でテンパイ→リーチを打って基本打点(出上がりウラなし)が2600点。

と考えると・・・

面前でリャンメン2枚を引き入れて2600点、更にリー棒を出すわけですから、面前で進めるメリットはあまりないように思います。

こういう手は、さっさと出た順に仕掛けて1000点で流すべきかなと。ちょっとレアなケースではありますが。。

また、發發發三索四索五索のようにタンピンまで狙える形ならば出上がりウラ次第で満貫までは十分狙えるので面前で進めるべきかと思います。スピードが期待できる手では面前で進める手なのか、さっさと仕掛けて流す手なのかの見極めは大事ですね。

結局、リャンメンがなかなか埋まらず、スジを追ってトイメンに満貫打ち込み・・。こんなもんです^^;
画像


親の二萬から食いついてないとダメですね^^;

テーマ : 麻雀
ジャンル : ギャンブル

手牌構成と進め方

ということで再度コロコロさんから質問頂いた内容について説明したいと思います。

一つの基準としてなるほどと思ったら参考にしてください^^

例 東発 西家

一萬三萬六萬九萬二索三索六索八索四筒四筒七筒東中

という配牌をもらったとします(ちょっと質問でもらったものとは変えてます。質問でもらった配牌は結構好配牌なので、普通に手なりで打ってもテンパイ、アガリは十分可能そうだったので、ちょっと配牌を悪くしてみました。)

序盤の進め方としては、役牌の重なりとタンヤオを見て、九萬一萬⇒役牌の順で落としていきます(手の入り方や好み次第では役牌⇒一萬でもさほど問題なし)。

ここで仕掛ける基準として大事なのはまず打点。

3900が見えるかどうか。ドラが1つ以上あれば、赤を持ってくる可能性もあるので、とりあえずはしっかりアガリに向かいます。

しかし、この状態では四索が出た場合でもカン七索という急所が残り、さらに孤立中張配にくっ付けてターツを作らないといけないので、まだまだアガリには程遠いと判断します。

従ってスルー。

ドラがなければ当然スルー。

また、巡目が進んで

三萬四萬五萬赤二索三索六索八索四筒四筒五筒七筒東中  ドラ六索

などになった場合はタンヤオを確定させるために四索から仕掛けるのはokだと思います。

一索なんかを持ってきても大してうれしくないし、カンチャンを自力で埋めないと勝負にならないのは結構大変ですからねー。。相手の捨て牌を利用して倍速でタンヤオを狙った方がアガリに結びつきやすいと思います。

まあ、細かいことは実戦での勘になる部分は結構ありますが、基本的な仕掛け方(仕掛けることによって手が本当に進んでいるのか、そうでもないのか)の判断は意識すれば十分精度を上げることは可能だと思います。

テーマ : 麻雀
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

@テンテン@

Author:@テンテン@
赤入り麻雀の戦術について、ロン2や実戦で感じたことをネタにしていきます。よろしくお願いします。

ブログランキング
ランキングに参加してます。応援よろしくです^^
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。