スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愚形リーチの打ち方

『愚形リーチ』について。

「愚形リーチを打つか打たないか?」
という基準は打ち手によってそれぞれだと思いますので一概に正解とかは言えませんが、自分なりに決めている基本的な基準を紹介します。

まずは愚形リーチのメリット、デメリットについて。

【メリット】
1:相手にプレッシャーをかけられる(押し引きの選択を迫る、オリさせ、相手のアガリ目を潰すetc・・・)
2:アガリ牌が出たら上がれる(当たり前ですがw)


【デメリット】
1:基本的に待ちが悪いので、押し返される可能性は高い
2:リーチで手牌に蓋をしてしまうことによって手の伸びを殺してしまう場合が多々ある。


主にこれら2つでしょうか。

大きなメリットは相手にプレッシャーをかけられることですね。
ただ、これはメンツのタイプによって効果が変わります。

全ツタイプが同卓者のうち2人以上→押し返されやすい。
守備型が同卓者のうち2人以上→効果大。

メンツタイプがわかっていれば、使い分けるのも有効な戦術かと思います(ロン2なら同卓者のデータを見れば一目瞭然。こんなに便利でいいんだろうか・・^^;)。
ちなみに私は使い分けてないですけどw
相手関係なく自分なりの基準でリーチを打つかどうか決めてます。

また、デメリットとして挙げたのは上記の2つ。
これが非常に大事です。このデメリットを理解し、それを補える局面でキッチリ愚形リーチに踏み切れる判断力をもてるかどうかは勝敗に大きく関係してくると思います。

と、長い前置きはこのぐらいにして・・・

デメリットをカバーできる愚形リーチとは?
▼打点が高い→待ちが悪くても上がった時の見返りが大きい
▼手替わりが期待できない→デメリットをカバーということとは違いますが、打たざるを得ない局面ですね。


打点の高低の基準はとりあえずウラが1枚乗った場合、
【5200点以上を見込める手】に設定してみましょう。

この基準点は3900点でも8000点でもいいと思います。
自分なりに一番結果の出る打点設定を吟味するのがいいでしょうね。
あとは親と子の場合でも条件が違ってきますね。親ならリーのみでも愚形でリーチを打っていくくらい攻め重視が基本になるかな?親リーはプレッシャーが違いますからねー。

具体例を挙げてみます。

※全て6巡目のテンパイ形で待ち牌は4枚見えていない局面とします。

1) 二萬五萬六萬七萬五筒赤七筒一索二索三索七索八索九索北北

ドラが四索の場合
・親、子ともリーチを打った時点でウラ1枚あれば5200点以上→○
・手替わりは期待できるか?→うれしい手替わりは三萬のみなので、期待薄。手替わりは考えない。

以上から即リー。ドラが北ならもっと即リーですねw

2) 一萬三萬四萬五萬六萬五筒赤六筒七筒二索三索四索五索北北
ドラ東の場合

ちょっと極端な例ですが・・・^^;
・親、子ともリーチを打った時点でウラ1枚あれば5200点以上→○
ただし、手替わりチャンスがありすぎますね^^;
ここは一萬のテンパイとらずと行きたいですね。
万一の二萬引きでフリテンリーチかあくまでソーズにくっつけにいくかは難しいですが、ソーズを切ってテンパイ取りのカン二萬ツモの500・1000はちょっと情けないので^^;
スポンサーサイト

テーマ : 麻雀
ジャンル : ギャンブル

リーチの判断

今日はリーチの判断をテーマにしてみます。

それなりに麻雀を打ってる人なら、テンパイ=リーチということはないと思います。

リーチのメリットとしては

1) 待ちが強い⇒上がりやすい
2) ウラドラ⇒打点up
3) 他家の足止め


といったところでしょうか。

デメリットは
1) 手替わりに対応できない
2) オートツモ切り⇒追っかけられたら運任せのめくり合い


というのが大きいデメリットでしょう。


普通、リーチはメリットがデメリットを上回ったときに打つもの。
その判断基準も状況によって細かく変わっていきます。

例えば、8巡目、ピンフのみをテンパイしたとします。残り枚数にもよりますが、子ならダマ、親なら即リーというのが選択肢の一つとしてあります。
これは、ピンフのみのテンパイが

子:1)以外、メリットとして見込みにくい⇒ダマで交わすのが無難
親:1)、2)、3)、全てのメリットを満たす(裏で5800と3900は違うし、親のリーチは子のリーチよりも怖いもの。簡単には向かってこれないはず)⇒ある程度本手と考えて強気に攻めるべき

このように、リーチの判断は自分なりにメリットとデメリットを設定して判断するというのが一つ有効な戦術だと思います(普通、大体の人が実行しているのでしょうけど^^;)

後は自分のスタイルによっての使い分けなんかもありますね。

一つ良い例を見つけたのでその例で検討してみます。

画像


連盟杉浦プロのロン2実戦譜です。

この競った局面、どうしますか?

私の選択肢は2つ。
1)即リー
2)打九筒でシャンテン戻し

1)即リーを打つのももちろんok。一応4枚残りだし、出るかツモって裏が乗れば逆転。
しかし、上の基準に当てはめると、メリットは打点が倍になる?のみで??はあまり見込めない。
デメリットは特に?ですね。追っかけられると分が悪い。個人的にはちょっとリーチを打ちにくいですね^^;

2)打九筒このシャンテン戻しは仕掛け派特有の打ち回しだと思います。二索五索三萬を仕掛けてのMAX3900狙い。リー棒も出さなくて済むし、裏目の三萬をツモってもダマで高目8000に構えられます。ここで注目したいのが二索です。上家が早い巡目でツモ切ってます。つまり、2人で二索を狙ってツモっているようなものです。更に他家の仕掛けにも対応できることから自在に対応できる強みもあります。

ということで打九筒でテンパイ取らずです。

こういう仕掛けを多用するようになってから、愚形リーチが減ったように思いますねー。。
以前は愚形リーチ大好きだったんですけどねー^^;

テーマ : 麻雀
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

@テンテン@

Author:@テンテン@
赤入り麻雀の戦術について、ロン2や実戦で感じたことをネタにしていきます。よろしくお願いします。

ブログランキング
ランキングに参加してます。応援よろしくです^^
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。