スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クソ配牌からの強引な寄せ

タイトルのような状況に置かれることが最近かなり多い。
要するにクソ配牌をもらう機会が多いということだが、ただ手なりに進めても苦しい1000点をテンパれるかどうかという状況ばっかり。

ならば相手に少しでもプレッシャーをかけるという意味で強引な染め手に向かってみませんか?
そうすれば本来上がり手が入るべき人がミスる可能性だってある。

ということで強引な染め手の作り方、押し引きの概略的な基準について提案してみます。

1)染め方
→これは簡単。ただ、染めたい色の数牌と字牌をかき集めるだけ。できれば他家にプレッシャーをかけるという意味でもドラ色に持っていきたい。字牌は序盤に2枚切れでも後でアンパイに使えるので残しておくのも良し。

例えばこんなクソ配牌で↓

画像


どうしようもないから、ドラ色であるピンズ+字牌の重なりによる満貫を目指してみる。

2)押し引き
→これも、基本は手が伸びれば全ツ、伸びなければ勇気ある撤退。というところだが、問題はいつオリるか?
リーチが序盤に入る、リャンメンからの仕掛けが入る等、相手の動きがわかればそれに合わせた押し引きをするのが正解。これは当たり前。
 では、他家に動きがない場合はどうするか?
→【MAX9巡までは機械的に不要色の処理、手の進行具合が悪く、それ以降に上がり目がなさそうなら10巡目以降は全力で降りる。】
というのはどうでしょう?勿論MAX12巡目くらいまでは行ってみるとかもっと早めに撤退するとか・・細かい基準は自分のスタイル次第ですが。
ダメ元の仕掛けというのが前提なので攻めもダラダラではなく、キッチリ降りるべき基準を意識すればそんなに失点もしないかと。。

ちなみに上の手は早い下家のリーチで糸冬ー了ー↓

画像

スポンサーサイト

テーマ : 麻雀
ジャンル : ギャンブル

クソ配牌時の寄せ

最近の牌譜を見てると設定1状態に半分諦めて淡白に打ってる傾向があったので、そこら辺を修正しようとしてみた。

例1
画像


とりわけなんも期待できなそうなクソ配牌。
自分のスタイルからいくと手なりで南から切り出しては勿体無いかな。
どうせメンゼンで仕上がるわけもないんだから伸びた色(ピンズ、ソーズどちらか)のホンイツ本線で一萬二萬を払っていくのが妥当。ピンズは中張牌2枚にくっつけばいけそう、ソーズは九索トイツが魅力。

で、最終形はこう↓
画像


ツモで伸びたピンズに寄せ。ちょっと遅い巡目になったけど狙った形は作れた。


例2
画像


またまたドラも強いリャンメンも少ないややクソ配牌。
これはマンズに寄せるつもりで打ってみた。

すると・・・

画像


リーチ一発でドラを掴んで終了だったけど、形は作れた。


ただでさえ副露率が高いんだから、クソ配牌でも淡白に手なりで打たずに仕掛けて捨て牌をつくるなどしてプレッシャーをかけていくべきなのかな?と思ったわけですが。。

そういうときには誰の目にも明らかな一色手の捨て牌が威力抜群ですね。
押し返されたら持ってる安全そうな字牌とかでオリればいいわけだし。

【クソ配牌時はまず染める色を決めて河を作り、相手(特に上家)にプレッシャーをかける!】

これ大事かも

テーマ : 麻雀
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

@テンテン@

Author:@テンテン@
赤入り麻雀の戦術について、ロン2や実戦で感じたことをネタにしていきます。よろしくお願いします。

ブログランキング
ランキングに参加してます。応援よろしくです^^
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。