スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チートイ考察2

先日テーマにしたチートイについて、また取り上げてみます。

まずは↓の配牌を。

画像


ふむ・・・
なんとも言えない配牌かな。。

とりあえずは手なりでこんな感じのチートイシャンテンに↓

画像


そしてここで南が上家から2枚目の出てきた。
とりあえずチートイのシャンテンだし仕掛けたらドラが出て行くので、普通ならノータイムのスルーなのかな?

ここはスルーして、少し後、こんな形で今度は2枚目の中が出た↓

画像


むむ・・・安西先生・・・鳴きたいです・・・^^;

これが4トイツだったら間違いなく仕掛けてる。はず。

ただ、
【中をポンし、北を放してまで1500or7700点を取りに行くのってどうなの?しかも7700となったらかなり遠くねー?】ってとこなんですよね。

こういう手だったらチートイと心中するつもりでキメ打ちするべきなのかな。
なんとか中をスルーしてチートイ一直線。

その後数巡は堂々巡り。
手持ち3枚を狙い通り重ねられる気がしない^^;

でも、最終的にはドラが重なってテンパイ→赤5m出上がり12000点を拾うことが出来た↓

画像


結果的には(当然)鳴かないで正解。

やはり、チートイの基準は、

・4トイツ→仕掛けや横の伸びも出来るだけ意識しながら打つ
・5トイツ→基本はキメ打ちでok。特にドラが1枚でもあるなら積極的に狙うべき。あとは山読みに集中し、全力で3種の牌を重ねに行く。

とりあえずはこんなところでしょうね。
山読みの精度が大事になってくるなー。
スポンサーサイト

テーマ : 麻雀
ジャンル : ギャンブル

タンヤオ>翻牌?

今回は先日紹介した壊れ性能三手役のうち、タンヤオと翻牌について比較してみようと思います。

比較とは、
【タンヤオと翻牌、どちらかの手役に絞らなければならないとき、どうするか?】ってこと。

具体例は↓

画像


このような局面になった場合、どうするか?

ちなみにこのパターンで自分は翻牌を選んだ。

そしてアガリ逃しをした・・・↓

画像



で、終わってから考えたけれども、
【やはり自在性を考慮すると、タンヤオ>翻牌になるんじゃないかな?】って感じがした。

というのも、

・翻牌→押さえられてたり持ち持ちだったら終了
・タンヤオ→アタリ牌を押さえられてもツモ次第で待ち牌を変更できる

というところが結構利いて来るのかなー、と。

南でアガる気ならば、南が場に放たれないとどうしようもない。
しかしタンヤオで上がる気ならば、例え待ちの4m、5m、8mが殺されてても後のツモ次第でなんとかなる。

例えば、

二萬三萬八萬八萬二索三索四索 五萬横五萬赤五萬 五索横五索赤五索

ペン4mで張ったとする。

そしてアガリ牌の4mが実質枯れたとする(4mカンとか)。
その場合、4mではあがれないが、

二萬三萬八萬八萬

の部分が、

ツモによっては
二萬二萬八萬八萬

になったり、

三萬三萬八萬八萬

に変化する可能性がある。

ということを考えれば、タンヤオと翻牌のどちらかを選択しなければならないときは、

【特別な条件がない限りはタンヤオに向かった方が無難・・・】

かな?

テーマ : 麻雀
ジャンル : ギャンブル

チートイ考察1

最近少しチートイを意識しての手作りをしてみようかと思ってまして、その実戦譜例を一つ。↓

画像


東発4巡目、チートイが見えてきた。
ただ、ここではまだキメ打たない。横の伸びも考慮して、打南。

次に5巡目ツモ4p↓

画像


ここでもチートイシャンテンは維持するために打3s。
ただ、まだ横の伸びは捨てない。


そして6巡目ツモ9m↓

画像


一応ここでチートイは見切って47s、47p受けのシャンテン形に受けた。

とりあえず今のところはこんな感じで。
とにかくチートイが見えるからと言って簡単にはキメ打たない。
ただし、出来るだけ横伸びを追える範囲でトイツ形は大事にする。

こういうスタイルが果たして吉と出るか凶と出るか?

【二兎を追うものは一兎をも得ず】か?それとも・・・
【二兎を追うもののみが二兎を得る】なのか?

もうちょい様子見ですかね。
ただ、キメ打たないとテンパイ形で待ち頃の牌で待てないっていうデメリットが結構大きい^^;
【チートイ4p単騎待ち】とかになっちゃうとさすがにリーチ打てないからなー。
やっぱり待ちとしては1枚切れの字牌なんかがベストかな。
ただ、そういう牌を残してしまうと横の伸びを追えなくなるし・・・

難しい。。

テーマ : 麻雀
ジャンル : ギャンブル

壊れ性能三手役

赤入り麻雀において速攻和了り+そこそこの打点を狙う際に重要になる三手役について紹介します。
その三手役とは・・・

1. タンヤオ
2. 翻牌
3. ピンフ

これらの手役の特徴は、なんと言っても

【簡単に作れる】ってことに尽きる。

タンヤオは、鳴いても翻数が変わらないという壊れ性能を備えた手役。
翻牌はポンしただけで上がれる。これもある意味壊れた手役。
ピンフは簡単に作れる。ただ、面前限定なので、そこまで壊れてもいないかな。
ということで、これらの高性能手役を使いこなし、赤を絡めた速攻上がりを狙った手作りについて少し。

ここで一つ事例を。

1.jpg

状況はトップ目と結構離れた3着目。ぜひともアガリは欲しいところ。
まず配牌をもらった時点で考えるべきはタンヤオ、ピンフ、翻牌を狙えるか?ということ。
ここではとりあえずタンヤオは見えない。ただ、翻牌は見える。
それと、123の三色が一応見えてるので、そこを見つつ、翻牌の重なりも考えながら手を進める方向で。

2.jpg

捨て牌1段目では翻牌が他家に捨てられたので、とりあえず合わせながら、123の三色はまだ見ている状態。ただし、手が内に寄ってきてますね。5pまわりにくっついてのリャンメンができるようならば、12pのカンチャンターツも払っていかなければいけないかな・・?というところですかね。

3.jpg

・・結局仕掛けられる形にもっていくため、タンヤオとチートイの方向に。
打点は見込めなそうになってきたので、面前で頑張る必要はないかなと。チートイシャンテンではあるけれど、メンゼンでテンパらずの流局が怖いので、ここはアガリ最優先で仕掛ける気は満々。

4.jpg

結局こんなテンパイ。
配牌で想定した形とはまったく違った結果になったけど、ある程度ツモに任せて打っていけばこんなこともあるでしょうね。13回のツモで手牌は総取替えできるわけだし^^;

しかしタンヤオの性能の高さて凄いですね。
とにかく仕掛け方さえ気をつければ結構自在性はあるし、チャンタ系手役のように脂っこい中張牌を中盤以降もバシバシ切らなくてもいいし・・・

ある意味、
【クイタン・翻牌を制する者は赤入り麻雀を制す】かも知れないですね。



テーマ : 麻雀
ジャンル : ギャンブル

三色の固執と見切り

まずは本日の実戦譜から

何を切るか?
結構難しいように思います。

画像


打牌候補は7sか中か1pか2p?


ここでは中としてみた。
親だから、出来れば愚形でもリーチで押したいところ。
アタマをキープしながら3色も残し、さらに7s周りにくっついたら即リーで押さえつける。
そのためには中はどうしても邪魔。中を残すなら三色決め打ちにせざるを得ないし、かなり窮屈。

しかし三色って本当にトラップを含んでるなと思うことが多い。
深追いすると痛い目を見ることが結構ある。だから2番目に嫌いな役でもあるわけですが・・・(1番はチートイツ)

で、最終形。

画像


赤5mは逃したけど、まあ十分形。
結局は上がれなかったですが。。

やっぱりドラの放し方って難しいですね。

テーマ : 麻雀
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

@テンテン@

Author:@テンテン@
赤入り麻雀の戦術について、ロン2や実戦で感じたことをネタにしていきます。よろしくお願いします。

ブログランキング
ランキングに参加してます。応援よろしくです^^
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。