スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラス前トップ目の押し引き

本日のロン2東南リーチバトルで一つの反省点ということで書いてみます。

状況:ラス前親番、2着とは8300点差のトップ目。

バッタ受けが残るものの、7700点はほぼカタイシャンテン。(ペン七萬はしくじってますw)

さて、ここで3着目からのリーチが入る。

画像


自分の手も勝負にいけそうではあるが、入り目次第では弱い待ちになってしまう。
まあ、ムリに押す局面でもないので、バッタ受けが埋まってのテンパイ時だけ追っかけようと決めてツモった牌が二萬


当然、四筒五索は押さないし、マンズも打ちたくない。。ということでとりあえず七索打ち。

画像



次巡ツモったのが三萬

画像


追っかけて7700確定リーチ。

当然凹んでる場面ならノータイムリーチだが、先に掴む可能性も否定できない。更にリー棒出したら満貫打った場合、2着目に捲くられてオーラスを迎える。

ただ、この手はワンチャンスの九索あたりを落としてタンヤオで押せる可能性もあるので、打九索
とにかくこの状況で苦しいバッタでリー棒を出したくなかったというのが一番念頭にあったので、中途半端感は否めないが、ギリギリの選択。。

そうするうちにトイメンから八索が出た。

画像


不覚ながら一瞬止まってしまった・・。
ここで八索ポン⇒打五索三索六索受けなら十分に闘え、かつ上がりきれればほぼ決定打。

今考えるとこれはポンすべきだったかなぁというところですね。。

しかしポンの声(クリック)を出来ず、ツモった牌が六筒・・。
万事休す。ここから無筋を切るのは甘すぎる気がしたので八<strong>強調文</strong>索で実質の白旗宣言・・。

もうツモってと思ってたら、下家が八萬打って終了。。ラッキートップw

画像


ここで自分の押し引きともう一つ、下が打っても終わるということも一つ考慮に入れるべきだったなぁと反省。
自分の状況だけでなく、他家の状況もしっかり考える冷静さは大事ですね^^;
スポンサーサイト

テーマ : 麻雀
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

@テンテン@

Author:@テンテン@
赤入り麻雀の戦術について、ロン2や実戦で感じたことをネタにしていきます。よろしくお願いします。

ブログランキング
ランキングに参加してます。応援よろしくです^^
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。