スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

染め手へのケア

さて、今回は染め手へのケアについてちょっと。

オーラストップ目 二着とは17000点差 ラス親は34800点差の3着目。

倍ツモ、打ち以外はトップというまあ楽な局面。この場合のテーマは親に連荘させず、自分または他家い上がってもらえばokという状態。

とりあえずもらった配牌はコレ↓

画像


手牌構想としては、ドラ受けに拘らず、マンズで1メンツ、ソーズで1メンツ、ピンズで2メンツ、後はどこかでアタマを作っての1000点が現実的か?といったところ。

局の進行とともにそれなりに手は育ち、迎えた6巡目。ツモ五索

一番マークかつ押さえ込むべき親が不穏な捨て牌・・・もうピンズまっしぐらw

とりあえず打九筒でアガリに向かってみる。ラグがあるもスルー。

次巡のツモは七索

画像


最も手広いのは当然七筒。さてどうしたものか・・・

セオリーからいくと、この七筒は相手にとって超急所。正直、ドラよりも切ってはいけない牌の可能性大。
九筒は切ってて鳴かれなかったが、七筒打っていいものだろうか?この間小考を挟み、結局七筒を打って他の色で討ち取る作戦決行!

まあ当然といっちゃあ当然だが、八筒九筒晒してペン七筒をチーされる。

これで12000は確定。

こっちとしては打点は関係ないのでリャンカンのマンズに食いつく準備をしてツモったのが七萬

まあ、テンパイとるかなと思って打七索

そしたら下がポン⇒四萬即出で2600。ラッキーw


画像


でも完璧を期すなら七筒九筒は絞るべきだったかなと少し反省。。

まだ出たとこ勝負みたいな雑さは残るなぁというところでしょうか。。
まだまだ我慢が効かないぜぇ・・^^;
スポンサーサイト

テーマ : 麻雀
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

@テンテン@

Author:@テンテン@
赤入り麻雀の戦術について、ロン2や実戦で感じたことをネタにしていきます。よろしくお願いします。

ブログランキング
ランキングに参加してます。応援よろしくです^^
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。