スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手牌構成と進め方

ということで再度コロコロさんから質問頂いた内容について説明したいと思います。

一つの基準としてなるほどと思ったら参考にしてください^^

例 東発 西家

一萬三萬六萬九萬二索三索六索八索四筒四筒七筒東中

という配牌をもらったとします(ちょっと質問でもらったものとは変えてます。質問でもらった配牌は結構好配牌なので、普通に手なりで打ってもテンパイ、アガリは十分可能そうだったので、ちょっと配牌を悪くしてみました。)

序盤の進め方としては、役牌の重なりとタンヤオを見て、九萬一萬⇒役牌の順で落としていきます(手の入り方や好み次第では役牌⇒一萬でもさほど問題なし)。

ここで仕掛ける基準として大事なのはまず打点。

3900が見えるかどうか。ドラが1つ以上あれば、赤を持ってくる可能性もあるので、とりあえずはしっかりアガリに向かいます。

しかし、この状態では四索が出た場合でもカン七索という急所が残り、さらに孤立中張配にくっ付けてターツを作らないといけないので、まだまだアガリには程遠いと判断します。

従ってスルー。

ドラがなければ当然スルー。

また、巡目が進んで

三萬四萬五萬赤二索三索六索八索四筒四筒五筒七筒東中  ドラ六索

などになった場合はタンヤオを確定させるために四索から仕掛けるのはokだと思います。

一索なんかを持ってきても大してうれしくないし、カンチャンを自力で埋めないと勝負にならないのは結構大変ですからねー。。相手の捨て牌を利用して倍速でタンヤオを狙った方がアガリに結びつきやすいと思います。

まあ、細かいことは実戦での勘になる部分は結構ありますが、基本的な仕掛け方(仕掛けることによって手が本当に進んでいるのか、そうでもないのか)の判断は意識すれば十分精度を上げることは可能だと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 麻雀
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

@テンテン@

Author:@テンテン@
赤入り麻雀の戦術について、ロン2や実戦で感じたことをネタにしていきます。よろしくお願いします。

ブログランキング
ランキングに参加してます。応援よろしくです^^
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。