スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

役牌仕掛けの基準

最近ロン2で観戦してて、ちょっと疑問に思ったことについてです。

(ドラ)役牌の仕掛けについてなのですが、


東2局 西家 25000点持ち ドラ東

一萬二萬三萬三筒四筒五筒五筒六筒五索六索東東北
上のような手牌で8巡目、初牌の東が出たとします。

これ、スルー?

個人的にはポンの一手だと思うのですが、いかがでしょう?

まあ、常に仕掛けることを想定しているので平均以上に副露率が高いというのもありますが、東をポンして打北としたら二筒五筒四索七索 は仕掛けられるし、その他ツモ次第で簡単に強い待ちの7700テンパイに取れます。

 上の形が

一萬二萬三萬五萬六萬三筒四筒五筒五索六索東東北
ならばアタマを作るのが大変なのでスルーして面前で押すのが本線となりそうですが・・・

東がドラでなく1翻の役牌の場合も同じです。

面前で1300~5200の場合、鳴いて広く受けたとして点数はどうなるか?

(面前)  (鳴く)
1300 ⇒ 1000
2600 ⇒ 2000
5200 ⇒ 3900

そんなに変わらないですね。

しかし相手の捨て牌を利用できる分、スピードは格段にupします(倍速とまでは行きませんが、1.5倍くらいは上がるのではないでしょうか?)

早く局を進めたいとき等、交わし手を入れたい局面はいくらでもあると思いますので、そういうときは積極的に仕掛けてみるのも一つオススメです^^

ただし出るポン見るチーで逃げ場をなくしての自爆は責任を負いかねますがw
スポンサーサイト

テーマ : 麻雀
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

@テンテン@

Author:@テンテン@
赤入り麻雀の戦術について、ロン2や実戦で感じたことをネタにしていきます。よろしくお願いします。

ブログランキング
ランキングに参加してます。応援よろしくです^^
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。