スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リャンカンと連続形

今回は手作りについて簡単に。よく見る事例なんですが、なかなか難しい例です。

例えば、東一局 原点持ち 親で7巡目 ドラ北

二萬四萬六萬四筒五筒六筒七筒二索二索三索四索五索六索  ツモ七索

さて、何を切りますか?

普通はリャンカン形を残して四筒七筒を放すところでしょうか。

でもここでちょっと待った!四筒五筒六筒七筒の連続形を嫌ってしまうのは勿体無くないですか?

ひとつここは二萬を払ってみて、三筒五筒六筒八筒ツモでのリャンメン変化に期待してみませんか?

こうしておくと最終形で強い待ちが作り易いように思います。

リャンカン受けにして先にリャンカン形が埋まればいいんですが、単純に半分くらいの確率で二索五索八索が埋まってのテンパイ⇒六萬切りモロヒッカケリーチはちょっと寂しい気がします^^;

出来ればメンタンピン3面張で堂々とリーチを打ってツモりたいところですよね^^
裏目は三萬だけ。

好形に変化するツモ・・・その他多数。

まあ、自分なりにこういう局面ではこう打つ、というのを決めておくといいですね。

リャンカンor連続形・・・さあ、DOTCH!?
スポンサーサイト

テーマ : 麻雀
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

@テンテン@

Author:@テンテン@
赤入り麻雀の戦術について、ロン2や実戦で感じたことをネタにしていきます。よろしくお願いします。

ブログランキング
ランキングに参加してます。応援よろしくです^^
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。