スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリテンの扱い

先日、tonkoさんの実戦譜を見て面白いなと思ったテーマがあります。

【フリテンの扱い方】です。

フリテンメンツは大体がカンチャン・ペンチャンを払った結果、裏目牌を引いたときに出来ます。
例えば一筒二筒を払おうとして一筒を打った直後に三筒を持ってきて

【ぐっ・・・!!!が、裏目っ・・・!!!ざわ・・・ざわ・・・】という感じでしょうかw

こんなことってよくありますよね。麻雀は不確定要素が多いので、日常茶飯事のことですね。

たまにロン2で観戦をしていると、このフリテンターツというのを一度ミスった価値のないターツだと思うのか、結構すぐ外す人が多いように思います。

でも、よく考えてみると、このフリテンターツってリャンメンのそれなりに強い待ちなんですよね。
だからこそ、フリテンを作ってしまったからといって簡単にそれを外すのは勿体無いと思うところがありまして・・。

で、ここでtonkoさんの実戦譜が出てくるわけです↓

画像


東発、ドラをポンできて發暗刻、自在に仕掛けられるいい手ですね。まずは赤を活かしたいということで五索赤七索のカンチャンターツを払う前に八萬を払い、マンズでアタマを作りに行ってます。

この手順自体はまあ自然な流れでいいと思いますが、問題はこの先。七萬を持ってきたわけです。

さて、何を切るか?結論から言うと、ここはノータイムで五索赤を切るしかないと思います。これはまあ、当然だろ・・・という意見が多いような気がしますが・・・^^;
赤を打っておけばマンズで頭を作ることを本線にしながら、ピンズのリャンメンが埋まった場合でもマンズのノベタンに受けられます。このパターンのフリテン3面張はそんなに違和感なく利用できそうですね。

ただ、ここで一つ盲点になり易いのが【ピンズでアタマができた場合】です。今回の場合、その可能性は低いですが、三筒四筒が生きている局面ならこれも想定しておきたいところ。

どうしましょう?

ツモ切り?フリテンの3面張?

これは出来ればツモ切りたいですね。
ここでのフリテンの3面張はツモ専の状況を作ってしまうだけなので、勿体無い気がします。目先のテンパイに惑わされず、ここはしっかりマンズでアタマを作りに行く方が確実にアガリに近いと思われます。
こういう局面というのは実力差が出やすいところだという気がしますね。

もう一つ例を。

東二局、西家、25000点持ち(原点)、ドラ六萬
配牌が
一索一索二索四索八索八索一萬二萬六萬六萬四筒六筒八筒でツモ發

ここではドラ2を是非活かしたいということで仕掛け前提に手を進めようと考えたとすると、打牌候補は一萬または一索になります。ここで第一打に一萬を打ったとしましょう。で、次のツモが三萬とします。

これはフリテンターツになったわけですが、なんら問題ないですね。四萬で仕掛けられるし、二萬三萬を重ねたらポン材にもなります。従って一索をトイツで落として發のくっ付きとタンヤオを見ていきます。


このように、ペン、カンチャンの捌きの際のミスでフリテンターツを作ってしまっても、今一度その利用価値について検討してみると、少しは役立つ可能性もありますので、再利用を試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーサイト

テーマ : 麻雀
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

@テンテン@

Author:@テンテン@
赤入り麻雀の戦術について、ロン2や実戦で感じたことをネタにしていきます。よろしくお願いします。

ブログランキング
ランキングに参加してます。応援よろしくです^^
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。