スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リャンメンからの仕掛け

基本的に仕掛けは急所を処理するのが一番大事だという内容のことを書いてきたけど、更なるスピードアップを目指すなら+αが必要かなともなのかなぁとも思うようになってきました。

特に東風戦ではシャンテンとテンパイの違いが顕著に表れます。

シャンテンでリャンメンとカンチャンが残っていたとします。
下に例を。

二萬三萬四萬六萬六萬四筒六筒五索六索六索七索八索東

基本的にこういう手は序盤ならカンチャンが埋まってのメンタンピンまで見るわけですが、中盤以降なら(もちろん序盤でもいいんですが)カン五筒は当然仕掛ける。

ただ、四索七索が出ても場合によっては仕掛けてもokかなと。

例えばオーラスアガリトップ。
または東風戦で先手を取りたい場合etc・・・

また、手役を確定させるためのチーもあります。↓
画像


四萬でイッツー確定。ここだけは鳴くと決めてました。ここは7700点で十分。
シャンテンで立ち往生するよりは六筒九筒が出たら7700を上がれる状況を作ることが大事かと。

しかし、結局ダメ^^;
ツカねぇ・・・w

画像


こういう仕掛けをするときに気をつけたいのが

【結果論で語らないこと】

よく鳴いてなければ跳満まであったよーとか、勢いを点棒に変えてしまったとか、そういう結果論で語ってしまうと判断が揺れてしまいますからねー。。
難しいけど^^;
スポンサーサイト

テーマ : 麻雀
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

@テンテン@

Author:@テンテン@
赤入り麻雀の戦術について、ロン2や実戦で感じたことをネタにしていきます。よろしくお願いします。

ブログランキング
ランキングに参加してます。応援よろしくです^^
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。