スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手作りの意識

麻雀における手作りで一番楽なのは手なりで高い手が出来るとき。
これは当たり前。

ただ、そう上手くいくことなんてそうそうないもの。
大体は局面、自分の持ち点、相手との点差等を基に決断を迫られる。


南2局親番。満貫分くらい沈みのラス目。
というところで以下の手となりました↓

画像


普通なら七索ツモ切りでいいかな、というところ。
ただ、点数がないので出来れば一発で叩きたい。
さて、どうするか?

結論から。
三筒切ってみました。
ポンテンチャンスは残しながらソーズで3メンツ作ってのメンピンドラまで欲張るイメージ。
そしたら狙い通りにソーズが伸びて・・・

こんな入り方、もう鉄板ですね。

当然のリーチ↓

画像


そして【設定6一発ツモウラドラ付き】↓

画像


自分の意思で掴んだ上がりってのは点差以上に手ごたえを感じるもんですねー。

スポンサーサイト

テーマ : 麻雀
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

@テンテン@

Author:@テンテン@
赤入り麻雀の戦術について、ロン2や実戦で感じたことをネタにしていきます。よろしくお願いします。

ブログランキング
ランキングに参加してます。応援よろしくです^^
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。