スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クソ配牌からの強引な寄せ

タイトルのような状況に置かれることが最近かなり多い。
要するにクソ配牌をもらう機会が多いということだが、ただ手なりに進めても苦しい1000点をテンパれるかどうかという状況ばっかり。

ならば相手に少しでもプレッシャーをかけるという意味で強引な染め手に向かってみませんか?
そうすれば本来上がり手が入るべき人がミスる可能性だってある。

ということで強引な染め手の作り方、押し引きの概略的な基準について提案してみます。

1)染め方
→これは簡単。ただ、染めたい色の数牌と字牌をかき集めるだけ。できれば他家にプレッシャーをかけるという意味でもドラ色に持っていきたい。字牌は序盤に2枚切れでも後でアンパイに使えるので残しておくのも良し。

例えばこんなクソ配牌で↓

画像


どうしようもないから、ドラ色であるピンズ+字牌の重なりによる満貫を目指してみる。

2)押し引き
→これも、基本は手が伸びれば全ツ、伸びなければ勇気ある撤退。というところだが、問題はいつオリるか?
リーチが序盤に入る、リャンメンからの仕掛けが入る等、相手の動きがわかればそれに合わせた押し引きをするのが正解。これは当たり前。
 では、他家に動きがない場合はどうするか?
→【MAX9巡までは機械的に不要色の処理、手の進行具合が悪く、それ以降に上がり目がなさそうなら10巡目以降は全力で降りる。】
というのはどうでしょう?勿論MAX12巡目くらいまでは行ってみるとかもっと早めに撤退するとか・・細かい基準は自分のスタイル次第ですが。
ダメ元の仕掛けというのが前提なので攻めもダラダラではなく、キッチリ降りるべき基準を意識すればそんなに失点もしないかと。。

ちなみに上の手は早い下家のリーチで糸冬ー了ー↓

画像

スポンサーサイト

テーマ : 麻雀
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

@テンテン@

Author:@テンテン@
赤入り麻雀の戦術について、ロン2や実戦で感じたことをネタにしていきます。よろしくお願いします。

ブログランキング
ランキングに参加してます。応援よろしくです^^
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。