スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壊れ性能三手役

赤入り麻雀において速攻和了り+そこそこの打点を狙う際に重要になる三手役について紹介します。
その三手役とは・・・

1. タンヤオ
2. 翻牌
3. ピンフ

これらの手役の特徴は、なんと言っても

【簡単に作れる】ってことに尽きる。

タンヤオは、鳴いても翻数が変わらないという壊れ性能を備えた手役。
翻牌はポンしただけで上がれる。これもある意味壊れた手役。
ピンフは簡単に作れる。ただ、面前限定なので、そこまで壊れてもいないかな。
ということで、これらの高性能手役を使いこなし、赤を絡めた速攻上がりを狙った手作りについて少し。

ここで一つ事例を。

1.jpg

状況はトップ目と結構離れた3着目。ぜひともアガリは欲しいところ。
まず配牌をもらった時点で考えるべきはタンヤオ、ピンフ、翻牌を狙えるか?ということ。
ここではとりあえずタンヤオは見えない。ただ、翻牌は見える。
それと、123の三色が一応見えてるので、そこを見つつ、翻牌の重なりも考えながら手を進める方向で。

2.jpg

捨て牌1段目では翻牌が他家に捨てられたので、とりあえず合わせながら、123の三色はまだ見ている状態。ただし、手が内に寄ってきてますね。5pまわりにくっついてのリャンメンができるようならば、12pのカンチャンターツも払っていかなければいけないかな・・?というところですかね。

3.jpg

・・結局仕掛けられる形にもっていくため、タンヤオとチートイの方向に。
打点は見込めなそうになってきたので、面前で頑張る必要はないかなと。チートイシャンテンではあるけれど、メンゼンでテンパらずの流局が怖いので、ここはアガリ最優先で仕掛ける気は満々。

4.jpg

結局こんなテンパイ。
配牌で想定した形とはまったく違った結果になったけど、ある程度ツモに任せて打っていけばこんなこともあるでしょうね。13回のツモで手牌は総取替えできるわけだし^^;

しかしタンヤオの性能の高さて凄いですね。
とにかく仕掛け方さえ気をつければ結構自在性はあるし、チャンタ系手役のように脂っこい中張牌を中盤以降もバシバシ切らなくてもいいし・・・

ある意味、
【クイタン・翻牌を制する者は赤入り麻雀を制す】かも知れないですね。



スポンサーサイト

テーマ : 麻雀
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

@テンテン@

Author:@テンテン@
赤入り麻雀の戦術について、ロン2や実戦で感じたことをネタにしていきます。よろしくお願いします。

ブログランキング
ランキングに参加してます。応援よろしくです^^
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。