スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラと手広さの選択

今回はドラと手広さの選択について少し。

まずは先日打ってた一局を↓

画像


シャンテンからあまりうれしくない一索ツモ。

さて、何を切りましょうかね?

とりあえずの打牌候補はドラを使い切るための一索ツモ切りor手広く受ける打二筒かな。

ちなみに自分は二筒を切った。最終的にカン三筒の受けが残ってもなー・・・てのと、345の三色の可能性を考えるとここでドラを放しての手牌変化に期待したほうがいいのかな?という程度のもんですが。
あとは裏目の三筒ツモでも打五筒でいい形のシャンテンには取れるし。

最終的には三萬ツモで三索六索待ちの平凡なリーチで一発ツモの1000・2000のアガリ↓

画像




次はコレ↓

画像


どのリャンメンターツを外すか?ってところ。
これも三色が絡んでますね。

さて、どーするかなー?と思ってたけど、とりあえず九筒が二枚飛んでるので、七筒八筒を外してみた。

すると・・

画像


裏目の九筒ツモ^^;

これは234の三色と仕掛けを考えると、一索三索を外してソーズの234を確定させた方がよかったのかな。。
そうすると二筒も仕掛けられるし。

難しいところですね。

まあ、どうしても結果論にはなっちゃいますけどね^^;
スポンサーサイト

テーマ : 麻雀
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

@テンテン@

Author:@テンテン@
赤入り麻雀の戦術について、ロン2や実戦で感じたことをネタにしていきます。よろしくお願いします。

ブログランキング
ランキングに参加してます。応援よろしくです^^
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。